スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

呪縛を解くのは・・・(12)

ずっと放置状態の蓮が登場しますが、やはり会話ばかりで短いです。

人の家を訪ねるには遅い時間、蓮は先に電話で今から訪ねる事を伝えて今、自分の所属する事務所の社長宅へと来ていた。

もしここにマネージャーの社がいたならきっと、闇の国の蓮さんが出てきたと恐れおののくであろう形相で自身の雇い主に詰め寄るが、意にも介さぬというようにどっかりとソファーに身を委ね、目の前でワイングラスを揺らしのらりくらりと返答していた。

蓮、というよりクオンヒズリの母親、ジュリエナヒズリの来日理由に何故キョーコをつけているのか、蓮からしてみれば何か意図があるとしか思えない。それはきっと目の前にいる一筋縄ではいかないであろう男が絡んでいるんだろうと。

蓮が納得できる返答がなされずどう切り込むかと思案している時、社長の秘書が何事か伝言を伝えに来た。それを聞いた途端深く笑んで蓮に視線を送り

「さっきも言ったがジュリエナはオフで日本に来てる。で、クーの世話役をして貰った最上君に彼女の事も頼んだんだが、今夜は彼女の宿泊先に一緒に泊まるそうだ」
「なっ」
「それでだな、今回ホテルの手配やらで世話になったんで今から挨拶に来る事になってるんだが・・」
「今からですか!?」

ここで自分と母親を逢わせる目的なのかと思う蓮に

「・・どうも最上君が泣きつかれて眠ってしまったので、彼女が留守の間誰かにそばにいてもらいたいそうなんだが」
「!!何をしたんです!?あの人はっ」

立ち上がりかけ拳を握り切羽詰った表情の蓮に、変わらず飄々とした態度の社長は

「ウチの人間を向かわせてもいいんだがな・・」
「俺が行きます、どこのホテルですか!?」

蓮は場所を聞くと挨拶もそこそこに部屋を飛び出すように出て行った。

「…敦賀蓮の仮面を崩せるのは本当にあの子だけだな」

社長は誰もいなくなった部屋でクッと短く笑いポツリとつぶやいた。



続く
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

パピちゃちゃ

Author:パピちゃちゃ

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
【当ブログへのリンクについて】 二次ルールを守っておられる「ス・◯・ビ」二次作家サイト様に限り、リンクフリーです。相互リンクさせていただきたいので、お手数ですがリンクを貼られる前にご一報ください。尚、原作者様の作品画像やアニメ画像を無断掲載をされているサイト、ただ読み&無料視聴など違法な方法を紹介するサイトからのリンクはお断りいたします。 (リンクはトップページにお願いいたします)
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleメールフォームsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。