スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

呪縛を解くのは・・・(9)

また短くて会話メインですので今日もUPします。



“…私は過去の辛い経験からこの先恋愛なんてしたいと思いません”

それまで明るく楽しげな声音と打って変わって沈みきった重いオーラを纏いながらポツリと言った。

“辛い経験か…そうね…ねキョーコ、私の話を聞いてくれるかしら?”

その言葉に俯き加減だったキョーコが顔を上げると、ジュリエナはウインク一つして、いたずらっ子のような表情を浮かべて話し出した。
それはジュリアナの過去の恋愛経験の話。クーと出会う前の実ることはなかった恋の数々。キョーコは信じられないというように

“ジュリエナさんのような美しい人が振られたりするんですか!?”
“ふふっありがと、もちろん振られたことなんて数え切れないほどあるわ?私から別れを告げたこともあるけれど”

ジュリエナは遠くを見つめ

“恋が破れてもう息が出来ないくらい辛くて…そんなことを繰り返してクーに出会うことが出来たのよ、だから後々になってみると辛い経験もクーとの愛の為に必要なことだったのかもしれないと思うわ”

ジュリアナが語った赤裸々な過去。キョーコには刺激の強いものもあったが

“先生は、ジュリエナさんの過去のこと全部ご存知なんですか?”
“少しは話したかもしれないけれど…洗いざらい話したのはあなたがはじめてよ?”

ジュリエナはクスリと微笑し口元に細くて長い指を当て

“だからこれは女の子同士の秘密ね?”

そんな仕草の一つ一つに見惚れてしまう。そして紅茶のおかわりを用意するために席を立ったジュリエナに
キョーコは意を決したように声をかけた。

“ジュリエナさん、私も聞いて欲しい話があります”

真剣な眼差しを向けられたジュリエナは

“もちろんいいわよ?これも秘密ね?”

美しく微笑んで返した。



続く

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

パピちゃちゃ

Author:パピちゃちゃ

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
【当ブログへのリンクについて】 二次ルールを守っておられる「ス・◯・ビ」二次作家サイト様に限り、リンクフリーです。相互リンクさせていただきたいので、お手数ですがリンクを貼られる前にご一報ください。尚、原作者様の作品画像やアニメ画像を無断掲載をされているサイト、ただ読み&無料視聴など違法な方法を紹介するサイトからのリンクはお断りいたします。 (リンクはトップページにお願いいたします)
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleメールフォームsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。