スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

酒のチカラ(前編)

短めの前編、後編に分かれた話です。キョーコさんがめちゃくちゃ酒に強い設定ですので、イメージ違うと思われるかも・・・OKな方だけどうぞ。



LME所属のタレント京子こと最上キョーコはデビューしてから4年の歳月が経っていた。その間様々なドラマや映画にも出演して力をつけてきたキョーコは今では実力派女優として周りにも認められるようになっていた。
本人にはまるで自覚がないが、芸能人として磨きがかった美しさは目を瞠るものがあり言い寄る男性は後を絶たない。二十歳を過ぎたこともあり酒の席に誘われることも多く、仕事の上でも飲酒の機会が増えていた。

今夜もそんな酒の席、但し仕事ではなくプライベートで、相手は今も変わらずトップ俳優の蓮だった。最近はキョーコの方も仕事が増えてきたために忙しく、偶然バッタリでもなければ蓮と会うことがない。そんな今夜の偶然にキョーコはある決意を心に秘めていた。


「いや~、キョーコちゃんとこうして飲む日が来るなんて俺も感慨深いよ・・・」

蓮の敏腕マネジャーの社はビールのジョッキを煽りながらしみじみ語る。

「そうですね…俺も同感だよ最上さん、もうすっかり大人だね」
「や、敦賀さんまでそんな・・私なんてまだまだ子供ですよ、でも年齢的には飲めるのでお酒の席に出ることは増えましたが・・・」

頬を染め照れながらのキョーコの発言を聞いた途端、それまで柔らかく麗しく微笑んでいた先輩の顔が似非紳士スマイルに変貌していた。

「…そう、飲みに行ったりするんだ?」

(ええ!?何故似非紳士なの!!私何かイラツボついちゃったのー?)

キョーコは恐々しながら

「はあ、でもプライベートでは今夜が初めてですね。後は打ち上げとか・・」

社も蓮の周りの空気の冷たさを感じてフォローに入る。

「そ、そうだよね、仕事の付き合いも出てくるし・・ね、キョーコちゃんは何が好きなの?」
「えーっと特にこれって言うのは・・・あ、でも子供の頃から和食に係わることが多かったので馴染み深いのは日本酒かもしれません」
「へえー!料理とお酒の相性が判るなんてすごいなぁ、蓮?」

社に脇腹をつつかれた蓮は己の嫉妬心や独占欲がダダ漏れになっていたことに気づき

「うん、最上さんとなら料理と酒、両方楽しめそうだ」

極上の笑みを浮かべキョーコを見つめた。

「ま、また敦賀さんてばそんなことを……」

キョーコは引きつり笑いを返し心の中でつぶやく。

(もう敦賀さんは何年経っても天然タラシは直らないわね、これじゃあ世の女性みんな誤解しちゃうわよ・・私だって、もしかしてとか思いたくなっちゃうじゃないの!!今夜バッサリ斬られて何年も積み重ねた想いを断ち切ろうと思ってるのに・・・!)

社もまたこんな二人を見て

(どうしてこの二人は何年経っても進展しないんだ!!蓮は告白もしてないのに独占欲ばかり大きくなるし、キョーコちゃんだって俺から見たら絶対蓮のこと好きなんじゃ?って感じだし、どーなってんだよ、も~!)

各々色んな想いを抱え飲み会?は続く。



続く



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

パピちゃちゃ

Author:パピちゃちゃ

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
【当ブログへのリンクについて】 二次ルールを守っておられる「ス・◯・ビ」二次作家サイト様に限り、リンクフリーです。相互リンクさせていただきたいので、お手数ですがリンクを貼られる前にご一報ください。尚、原作者様の作品画像やアニメ画像を無断掲載をされているサイト、ただ読み&無料視聴など違法な方法を紹介するサイトからのリンクはお断りいたします。 (リンクはトップページにお願いいたします)
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleメールフォームsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。