スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

呪縛を解くのは・・・(6)

ジュリママとキョーコに蓮が遭遇します。不自然な点が多々あるかもですが見逃して下さい(汗)


蓮は今日の仕事を終えて事務所に来ていた。事務所といっても彼の所属するLMEではない。本日最後の仕事で一緒になったモデル仲間が、マネージャーと事務所で待ち合わせてるとタクシーを呼ぼうとしていたので、蓮が自身の車に乗せてきたのだ。社を送ってからこの事務所に寄ったのだがお礼にお茶を誘われ、この後帰宅するだけだった蓮は彼のマネジャーが来るまで缶コーヒー片手に雑談していた。
程なくして彼のマネージャーがやってきたので別れて元来た廊下を進んでいくと開け放してあるドアから耳に馴染んだ母国語と聞き覚えのある声が聞こえ、吸い寄せられるようにそのドアの中を窺うと

「・・!!!」

思わず声を上げそうになった口を片手で押さえたが、瞳は驚きの色を帯びていた。

(な、何であの人がここに・・それに一緒にいるのは・・・)

ウォーキングレッスンをする少女と傍らでアドバイスしている女性。傍から見ればびっくりする要素はないのだが、蓮にしてみれば驚愕の光景だった。自分の母国アメリカにいるはずの母親ジュリエナと自分が想いを寄せている少女キョーコが一緒にいるのだから・・・。
二人は入り口を背にしていたが、そこで呆然として身動き出来ないでいた蓮はあっという間に見つかってしまった。鏡越しにキョーコが

「え!?あれ!?敦賀さん!!」

蓮は近づいてくるキョーコに悟られることなく瞬時に動揺を押し隠して柔らかく微笑んだ。

「…やあ最上さん、聞き覚えのある声がしたからもしかしてと思って・・・今日はラブミー部の方?」

先ほどから蓮の視界に入っていた自分の母親であるジュリエナに視線を合わせる蓮にキョーコはジュリエナに振り返りながら

「はい、社長の依頼で先生の奥様でいらっしゃるジュリエナさんのお世話係なんです!」

ジュリエナもまた蓮と同じく動揺していた。5年以上会っていない愛する我が子に予想外の場所で会ったのだ。しかしキョーコが振り返る間にいつもの美しい笑みを湛え

“まあ、キョーコ素敵な方ね?もしかして恋人かしら?”

にっこり笑いながら歩み寄るジュリエナの瞳の奥にいたずらっ子のような色を蓮だけは気が付き心の中でため息する。

(…この人は…俺の気持ちを知ってて、わざとだな・・)

“ええ!?こ!恋人だなんて、そんな恐れ多い!この方は敦賀蓮さん、私の尊敬する大先輩です!!”

全身真っ赤になり頭も両手もぶんぶん振ってよろめくキョーコを蓮より先にジュリエナが支えて

“もう!可愛すぎよキョーコ!”そう言いながらギューっと抱きしめる。そして蓮へ

“はじめまして蓮、ダークムーンの主役やってたわよね?夫と何度も観ていたから初めて会った気がしないけれどお会いできて嬉しいわ”

キョーコにぴったりくっついたまま、明らかに蓮に対してしているだろう事は分かっているが、蓮は表情に出すことはなく

“はじめまして敦賀蓮です、あなたにお会いできて光栄です”

そんなやりとりを見ていたキョーコは少し首をかしげて

「敦賀さんはジュリエナさんと初めてお会いしたのですか?」
「ああ、どうして?」
「あの…以前役作りでモデルさんの歩き方を教わったときの世界で最も美しいスーパーモデルってジュリエナさんの事だと思ったので・・・」
「よくわかったね…当たりだよ最上さん、直に会うのは初めてでも彼女はモデル界じゃ有名だから・・・」
「やっぱり!!何か引っかかってたんですよね、ジュリエナさんの立ち居振る舞いが誰かに似てるようなみたことあるような・・・そんなスーパーモデルさんのお世話係出来るなんて!幸せ~」

“キョーコ?”
“あ!ごめんなさいジュリエナさん、先程お話した私にモデルウォークを教えて下さったのが敦賀さんなんです”

蓮と日本語で話していたので慌ててジュリエナに向き合ったキョーコだったが

(あなた…日本語話せるはずですよね…)

蓮は笑顔の下で言えるわけない台詞を飲み込んでいた。

“まあ…あなたが教えたの!?キョーコのウォーキングがとても綺麗だったからもっと見てみたいって、ここのオーナーと知り合いだから場所借りたのよ”
“そういえば敦賀さんはなぜここに?”
“俺はモデル仲間をここの事務所に送ってきたんだ、もう帰るところで…”
“まあ!この後一緒にお茶でもいかが?”
“いえ、申し訳ありませんが寄るところがありますので・・・またね最上さん”
“あ…はい!お疲れ様です!”

キョーコは綺麗なお辞儀をして見送った。蓮は自分の車に戻るとすぐに携帯を取り出し、短い通話の後目的地へと走り出した。



続く
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

パピちゃちゃ

Author:パピちゃちゃ

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
【当ブログへのリンクについて】 二次ルールを守っておられる「ス・◯・ビ」二次作家サイト様に限り、リンクフリーです。相互リンクさせていただきたいので、お手数ですがリンクを貼られる前にご一報ください。尚、原作者様の作品画像やアニメ画像を無断掲載をされているサイト、ただ読み&無料視聴など違法な方法を紹介するサイトからのリンクはお断りいたします。 (リンクはトップページにお願いいたします)
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleメールフォームsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。