スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最後の夜の翌朝

段々くどい感じなってきてしまいましたが、タイトル通りの翌朝の様子を書いてみました。


二人の想いが通じあった晩の翌朝、二人は一つのベッドにいた。一人はスヤスヤと心地良さそうな寝息を立て、一人は自身の指で栗色の髪をもてあそびながら愛おしそうにその寝顔を見つめている。傍から見れば結ばれた幸せなカップルのようだが、実はこの二人はまだ一線を越えていないのだ。

それは昨夜、想いが通じ合い何度も口付けを交わし抱き合って愛の言葉を囁いて・・・そんな幸せなひと時を味わって蓮がいざベッドへと抱き上げようとしたら、キョーコは蓮の腕の中で眠ってしまっていたのだ。とても幸せそうな顔をして。そんなキョーコにどうこうするわけにもいかず、ベッドへ寝かせた後、蓮は眠れぬ一夜を過ごしたのだ。

蓮はキョーコの寝顔を見ながら幸福感に浸っていた。まさか愛を否定するこの子の心を掴むことが出来ると思っていなかったから。焦らずこの子との時間を作っていこう・・・と思う反面、心も身体も全部自分のことでいっぱいにしてしまいたい・・・という気持ちもある。そんなことを考えていると愛しい少女の瞼が震え、ゆっくりと開かれた。


「おはよう、最上さん」
「……?お…はようございます?」

まだ覚醒しきれていないキョーコは反射的に挨拶を返し数秒間固まった後、昨日の出来事がよみがえってきて顔を真っ赤に染め上げガバッっと布団を被ろうとしたが、ほとんど身動きできなかった。

「!?」
「…駄目だよ、顔隠さないで……」

蓮はキョーコを腕で足でその身体をがっちりとホールドしていた。それは二人で横になるには狭いベッドなので、仕方ないといえば仕方がないのかもしれないが・・・。
キョーコは色々とぐるぐる考えていた。

(い、今寝顔みられてたの!?いや!それより昨夜のことよ!…確か洗面台周りを片付けてて、泣いてるところを敦賀さんに見られて…!!私、とんでもない事口走って、それから…つ、敦賀さんに告白されたのよ…ね。そ、その後いっぱいキスされて抱きしめられて……その後…なんだっけ?もしかして!?)

キョーコの思考を全て読み取っているかのように蓮は

「クス…大丈夫だよ。ちゃんと服着ているだろう?」

そう言いながらキョーコの頬に唇を寄せた。

(着ているといってもセツのスタイルのキャミソール一枚の姿は俺にはかなりの試練だったけど…)

甘い顔の下でそんなことを考えているとは思いも寄らないキョーコは、かろうじて動く手でそろそろと自分の身に着けている服を確認した。蓮はそんなキョーコの様子が愛らしくてたまらないというように更に密着するように抱きしめ

「昨夜、君にキスして抱きしめていたらいつのまにか俺の腕の中で眠っていたよ、気持ち良さそうに」

キョーコはそれを聞いた途端、ピキーンと身体が硬直し

(そうよ!敦賀さんの腕の中がいい香りがして気持ち良くってそれで・・)

「つっ鶴賀さん、もっもうしわけっ…んんっ」

事の詳細を思い出し、謝罪しようとした口は蓮のそれによってふさがれた。
しばらく後漸く唇が離れると

「俺は怒ってなんかいないから謝らなくていいんだよ、それに最上さんの寝顔たっぷり見れたし、ね?」

いたずらっぽい笑みをキョーコに向ける。

「!!!み!見てたんですか!?いや~!!」

ただでさえギリギリで繋ぎとめている理性なのに、先ほどのキスで潤んだ瞳に赤い顔をされ

(…この子は無意識に俺を煽ってるのか!?)

蓮は瞬時に夜の帝王顔になりキョーコの両手を蓮の片方の手で押さえ込み、キョーコの頬から首筋へ唇を寄せる。

「ひゃ!ん!?つ、るがさ…な、に…」

そして唇は胸元で止まり、そこへ一つ赤い花弁を散らした。キョーコは小さな痛みのような感触を覚え

「敦賀さん?」
「この印は俺のってシルシ。このシルシが消える前に俺の部屋に来て?もちろん泊まりで」
「なっ!!はっ破廉恥ですー!!」
「…来てくれないの?」

急に捨て犬のような顔をされたじろぐキョーコ。

「い、いえそういうわけじゃ・・」
「君と心が通じ合って胸がいっぱいで食事も喉を通らないかもしれない・・・」
「んなっ!なんですか!?それ!!・・・分かりました。だからきちんとお食事もして下さいね?」
「了解」

蓮は蕩けそうな笑みを浮かべる。

二人で作っていく時間はここから始まる。



終わり
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

パピちゃちゃ

Author:パピちゃちゃ

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
【当ブログへのリンクについて】 二次ルールを守っておられる「ス・◯・ビ」二次作家サイト様に限り、リンクフリーです。相互リンクさせていただきたいので、お手数ですがリンクを貼られる前にご一報ください。尚、原作者様の作品画像やアニメ画像を無断掲載をされているサイト、ただ読み&無料視聴など違法な方法を紹介するサイトからのリンクはお断りいたします。 (リンクはトップページにお願いいたします)
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleメールフォームsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。