スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヤッシーとモー子さん

タイトル通りこの二人が恋人関係だったらの話です。モー子さんの独白?なんか説明っぽくなってしまった…
「……ん…」
朝だ、何時だろ?ぼや~っとした視界が段々はっきりしてくる。…見慣れない天井に自分のではないベッド。自分には大きすぎるパジャマ。そうだ、昨夜は泊ったんだった。横を見るとそのベッドの主はしばらく前に出たようでぬくもりはほとんど残っていなかった。
う~ん…っと伸びをしながら起き上ったら、ベッドサイドテーブルにメモを見つけた。


奏江へ

良く寝ているから起こさず行くよ

折角のオフに一緒に居れなくてごめん

ゆっくり身体、休める事!

夜電話する

倖一


…起こしてくれれば良かったのに……顔見たかったな。ってこんな事思うようになるなんて、と苦笑した。元来人と深く関わるのを敬遠していた。育った家庭環境のせいもあって煩わしかった。だから恋愛や結婚なんて考えた事無かったし。当然今恋人関係にある彼に対しても。

LMEの看板俳優敦賀蓮は、私の所属してるラブミー部の相棒にご執心で、事務所に寄った時はよく部屋に来ていた。邪魔するのもなんだしってロビーなんかで時間を潰している時、偶々敦賀さんのマネージャーの社さんに声を掛けられ話すようになった。自販機の傍でお茶を飲みながら当たり障りない世間話。それが何回か続いて段々プライベートな事も話すようになり、気がついたら特別な存在になっていた。初めはそんな気持ちの変化に戸惑い、彼に告白された時も嬉しかったのに受け入れられず……でも彼は私の気持ちの整理がつくまで待っていてくれたのよね。

……あの子にも近い未来そういう時が来るだろうか?…いえ、来てくれないと彼の胃がもたないわ。それには敦賀さんにもっと頑張ってもらわないと。

「ゆっくり身体休めろ、か、ふふっ自分だって休んでないくせに」

でも、今日はもう少し寝てようかな。倖一さんの香りにつつまれて……



終り


この後夕方社から電話が来るまで眠っちゃうことになるモー子さんでした。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

パピちゃちゃ

Author:パピちゃちゃ

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
【当ブログへのリンクについて】 二次ルールを守っておられる「ス・◯・ビ」二次作家サイト様に限り、リンクフリーです。相互リンクさせていただきたいので、お手数ですがリンクを貼られる前にご一報ください。尚、原作者様の作品画像やアニメ画像を無断掲載をされているサイト、ただ読み&無料視聴など違法な方法を紹介するサイトからのリンクはお断りいたします。 (リンクはトップページにお願いいたします)
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleメールフォームsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。