スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

辛夷(こぶし)

桜より辛夷が先に咲くので、ホントは夜桜の前に出したかったのですが・・・春なのでまた花ネタです。辛夷は昔、会社の人に教えてもらうまでよく知らなかったのですが、それ以来毎年気にかけて見るようになりました。



「あそこにいるの、キョーコちゃんだよな・・何してんだろ」

偶々打ち合わせ等の用事で立ち寄った事務所の廊下を歩きながら、社は担当俳優に問いかけるように目線を送ったのだが・・

「……蓮、顔緩んでるぞ…」

中庭で姿勢よくベンチに座っている後姿のキョーコに蕩けんばかりの表情で見つめている。社に指摘され瞬時に元の顔に戻ったが、社に見られてしまいバツが悪そうに片手で口元を覆い咳払いを一つ落とした。社はため息をつきながら

「まったく……でもまあ、しょうがないか。キョーコちゃんに会うの久しぶりだもんな。こっちの用は俺だけで大丈夫だから蓮はキョーコちゃんに会ってこいよ。終わったら電話入れるから」
「はい、有難うございます、社さん」

ごまかしも否定もなく礼を言われ照れくさくなった社は

「いいってことよ、じゃ、後でなー」

社は手をヒラヒラ振ってそのまま廊下を足早に進んで行った。




「……最上さん?」
「あ!!敦賀さん、お疲れ様です!」

蓮が近くに来るまで気がつかなかったことに慌てて、勢いよく立いあがりいつも通りの綺麗なおじぎをする。

「事務所に寄ったら最上さんの姿が見えたから・・・ここで休憩してたの?何か見入っているようだったけど・・」
「はい、中からこの木が見えたので近くで見たいと思って……」

キョーコに座るように促し蓮もその横に座って話を続けた。

「この白い花の木?木蓮に似てるけど…」
「辛夷(こぶし)っていうんですよ。名前の由来は色々あるらしいですが、蕾の形が手を握りこぶしにした感じに似ているでしょう?」

蓮は自分の手を握り

「ああ、本当だ似てるね。でも気がつかなかったな、こんなにきれいに咲いているのに」
「私も子供の頃、かなり年配のおじいちゃんに教わったんです」

キョーコはまた花に視線を戻し、懐かしげに目を細めて見つめていた。

「…そのおじいさんとの思い出があるんだ?」
「はい、あ…のですね」
「ん?」

キョーコは少し言いづらそうに口ごもったが

「子供の頃から預けられていた旅館でお手伝いをしていたんですけど、毎年この花の時期に宿泊されるお客様がいたんです」

不破の実家の事だから言いよどんだのかと納得顔の蓮にキョーコは話を続けた。

「よくお庭を眺めていらして、でも桜が咲くには少し早いから訊いてみたんです。そしたらこの木の事を教えてもらって・・桜よりも早く咲く辛夷は、春を一番最初に教えてくれてるようで好きだって・・・」
「そうだね・・春といえば桜が浮かぶけどそれよりも早くこんなに綺麗に咲く花があったんだね」

蓮はやわらかい微笑を浮かべ、花からキョーコに視線を移した。

「それから毎年そのおじいさんと辛夷を見るようになったんですけど、数年後に身体を悪くされたそうで来られなくなったんです。いつも一緒に来ていた奥様の言伝で、小さな仲居さんと一緒に見れず残念だって、自分の分まで辛夷を見てあげてほしいっておっしゃってました・・・それ以来毎年この花を見ながらおじいさんのことを思い出すようになったんです・・」

少し寂しげなキョーコの横顔に蓮は思わず抱きしめたくなる衝動を抑え

「いい思い出だね・・きっと今頃そのおじいさんも最上さんの事を思い出しながらこの花を見ていると思うよ」
「・・そう・・かな、そうだと嬉しいです!」

にっこりはにかんだ笑みを見せられ、蓮は両腕を前で組み無表情になった。

(この子はどうしてこう殺人的スマイルを出してくるかな・・・)

そんな蓮の心の葛藤に気がつくことのないキョーコに

「最上さん・・俺はこの花を見るたびにきっと最上さんの事を考えると思うよ?」

突然夜の帝王な顔で艶のある声で言われキョーコはうろたえた。

「え!?あ、あの何を・・」
「今日は最上さんに素敵なエピソードとともに辛夷のことを教えてもらったから・・・ありがとう」
「いえいえ・・・とんでもないです!!」

更に色気が増して、隣に座っている蓮との距離が縮まった気がするキョーコは、耳まで真っ赤になり両手を前にかざしてブンブン振りながら仰け反っている。

そんな光景を二階の窓から見つめる男が一人。

「……何話してるのかわからないけど、今は絶対電話するべきじゃないよな・・あと5分だけだぞ、蓮」

軽いため息とともに、携帯をしまう社だった。



終わり
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

パピちゃちゃ

Author:パピちゃちゃ

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
【当ブログへのリンクについて】 二次ルールを守っておられる「ス・◯・ビ」二次作家サイト様に限り、リンクフリーです。相互リンクさせていただきたいので、お手数ですがリンクを貼られる前にご一報ください。尚、原作者様の作品画像やアニメ画像を無断掲載をされているサイト、ただ読み&無料視聴など違法な方法を紹介するサイトからのリンクはお断りいたします。 (リンクはトップページにお願いいたします)
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleメールフォームsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。