スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

吃驚仰天な人々 その3

停電の合間に紙に書いたのをばばっと入力しました。また夕方から停電するかもなので、夕飯も食べれる状態にしとかなきゃです。夜停電すると家の中より外のが明るい気がします。月が出てるからでしょうか・・。
吃驚~はその4まであります。今回はモー子さんの思考です。

奏江は普段あまりテレビを観ない。
というよりあまり観る習慣がない。別に嫌いなわけではないが、自分から番組をチェックしてまで観ていない。
それは子供のころから大家族の中で育ち自由に観られず執着もなかったので、いざ自由に観れる環境になっても身に付いた習慣は変わらなかった。
そんな奏江だったが、今日はその番組が始まる時間をチェックして、食い入るようにテレビを観ている。昨日のキョーコの様子が気になって仕方なかったからだ。
画面では、ダークムーンの出演者のインタビューや名シーンを映したり、打ち上げパーティ会場の様子も時々映しだされた。

「これは…」

確かにすごい大掛かりで豪華な会場。気軽に行ける場所ではないと奏江も思う。でも衣装がどうのより、キョーコはそこに行くこと自体躊躇っているようだった。こんなキラキラしたパーティはキョーコがいかにも好みそうなのに、と会場が映される度キョーコの姿を探す。そして急にざわついた画面に目を凝らすと、二人の男女が大きく映し出された。

「え!?」

男は俳優の貴島秀人だろう。ダークムーン以外でも活躍しているから有名だ。でも隣にいるのは・・・

「キョーコ……」

しばらくテレビの前で固まってしまった奏江だったが、我に返るとさまざまな感情が飛び出してくる。

(あの子って衣装とメイクでこんなに変わる子だったの!?ってかアレプロのメイクさんがやってるだろうし、衣装どこで調達したのよ!それに隣の男は・・・!!)

また画面が変わり、LMEが誇る看板俳優が映された。にこやかに笑っているが

(何かあの笑顔の裏に黒いものが渦巻いて見えるのはわたしだけ!?……いや!絶対怒ってるでしょ!敦賀さんあの子の事好きなはずだし、それを他の男にかっさらわれてるんだから・・・)

そこまで考えて、あっと奏江は思った。

(もしかして、敦賀さんと何かあったのかしら…また怒らせたとか…告白されたって事はないわよね、きっと・・それにしてもあんなにアピールされてて気づかないあの子って…ホントに気付いてないのかしら……それにあの子の気持ちは?…)

番組が終了するまでテレビとにらめっこしつつ、色々想いを馳せる奏江であった。



終り
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

パピちゃちゃ

Author:パピちゃちゃ

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
【当ブログへのリンクについて】 二次ルールを守っておられる「ス・◯・ビ」二次作家サイト様に限り、リンクフリーです。相互リンクさせていただきたいので、お手数ですがリンクを貼られる前にご一報ください。尚、原作者様の作品画像やアニメ画像を無断掲載をされているサイト、ただ読み&無料視聴など違法な方法を紹介するサイトからのリンクはお断りいたします。 (リンクはトップページにお願いいたします)
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleメールフォームsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。