スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

吃驚仰天な人々 その2

その1より更に短い小話です。今度はビーグルさんとブリッジロック(一瞬)です。暇つぶしにもならないですが、よろしかったらどうぞ・・・。

とあるテレビ局の控室で出番を待っているメンバー達。
いつもほとんど観る事のないテレビにくぎ付けになっているのを見て声を掛けた。

「レイノ、何か気になるものでもあったのか?」
「…ああ、まあね……」

薄い笑みを浮かべ、短く答えたきり画面に見入っている。ミロクが知る限り、レイノはほとんど何かに執着しているのを見た事がない。そんなレイノが最近珍しくご執心なのは・・・

「あ、それダークムーンの打ち上げのじゃね!?」

他のメンバーもわらわらとレイノとテレビを囲むように集まってくる。

「ってことは、美緒役の似非天使もどっかに映ってるんじゃねーか!?」
「でも地味だからあまり映されないかもな~」

他のメンバー達が目を凝らし探していると

「何を言ってる…さっきから映ってるじゃないか」

腕組みしながら観ていたが、解いてついっと画面の一点を指差した。ちょうどソレがアップで映し出される。
一瞬みんな固まり

「えええ~!!!うそだろ!?これが~!?」
「さっきから、この子すげー美人とか思ってたのに」
「うわ!やっぱり似非天使ってことか~」

キョーコからするとかなり失礼な事を叫ばれている。

「…ますます気に入った」

レイノは、クッと短く笑ってそのまま見入っていた。






同じころ同じ局内の違う控室では

「うおお~!!京子ちゃん、すげー!美人~!」
「いや~!どんどん綺麗になってくなー!光!」

メンバーに肩をバンバン叩かれながら、ぽや~んとテレビを見つめる光の姿があった・・・。



終り
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

パピちゃちゃ

Author:パピちゃちゃ

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
【当ブログへのリンクについて】 二次ルールを守っておられる「ス・◯・ビ」二次作家サイト様に限り、リンクフリーです。相互リンクさせていただきたいので、お手数ですがリンクを貼られる前にご一報ください。尚、原作者様の作品画像やアニメ画像を無断掲載をされているサイト、ただ読み&無料視聴など違法な方法を紹介するサイトからのリンクはお断りいたします。 (リンクはトップページにお願いいたします)
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleメールフォームsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。