スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その表情は・・(中編)

蓮視点です。飛鷹君が出てきます。蓮とは顔見知り設定にしちゃってます。


いつのまにあんな表情をするようになったんだろう・・
ラブミー部のあの子が、愛を否定している子が出来る表情か!?

とても演技とは思えない今日見たCMがずっと脳裏に焼きついている。
俺には向けられない表情を他の誰かにするのかと思うだけで気持ちが荒れる。

だがあの子は俺のものではない。告白すらしていないのにとやかく口を出す事は出来ない。
できることといえば・・先輩としてCMの出来映えが良かったと褒める事だろう。
今日一日仕事のときは気持ちを切り替えていたけど、それ以外では社さんに気遣われるほど顔に出ていたみたいだ。これじゃ役者としてまだまだ駄目だ・・・

自嘲気味に通路を行くと・・・彼女がいる。それも男と一緒。隣では息を呑む社さんの気配。

「おい、蓮・・」
「・・・社さん、時間までには戻りますから・・」

身体が勝手に動いていた。

遠目に見ても言い寄られてるのが分かる。どんどん綺麗になってく君を周りは放って置かないだろう。それでもまだ君は「地味で色気のない女だからありえない」と言うんだろう。
黒い感情を笑顔の中に隠して、もう少しで目標地点にたどり着きそうというとき

「まだこんな男に捕まってんのかよ、早くしろよ!」

男の背後から現れた・・少年?・・・ああ、彼は確か・・・

「お前が事務所寄るって言うから乗せてやるって言ったのに遅いんだよ!」
「あああ、飛鷹君ごめんね・・・あのすみません、急いでますので・・」
「いやーでもさ・・」

男は彼の登場で少し怯んだ様だが・・・まさか彼までそうなのか!?止まりかけた足がまた進む。
その気配を察知したのか彼女は振り向いた。

「ひ!つ、敦賀さん!!」

・・この子は俺の感情に敏感だ。表面に出してないはずの黒々したものを感じ取ってしまう。
一番肝心な事には気が付かないのに・・

「最上さん?こんな所でどうしたの?」
「あ、お疲れ様です!敦賀さん、いっ今仕事上がりでしてこれから事務所へ向かう所でございます!!」

俺は笑顔を崩さず傍の男を見下ろすように視線を送る。

「そう・・でもこんな通路で話し込んでると誰が聞いてるか分からないから・・・」
「あ、俺はそろそろ・・・じゃ、またね京子ちゃん」
「はぁ、お疲れ様でした」

ついさっきまでしつこく話しかけてきたのにあっさりと去っていく男を不思議顔で見送っている。
ハァ・・どうしてこの子はこう・・

「おっまえ隙だらけなんだよ!!」

心の呟きが彼と被ってしまった・・そうだ、まだ彼が居たんだっけ・・・

「何よ、隙なんて別に・・あ、分かった!貴方モー子さんに早く逢いたくてしょうがないんでしょう~」
「!!!」

途端に彼の顔が真っ赤に染まる。そうか、琴南さんを・・それにしても彼までこの子を、なんて思った自分に苦笑する。本当に余裕がない。

「ちっげーよ!奏江には時間指定で迎えに行くって言ってあんだよ、飯食いに行く時間無くなるだろ!?」
「あーあー、私がモー子さん誘いたかったのになー」
「お前は絶対来るな!」

永遠に続きそうな掛け合いに俺は割って入った。

「まーまー、2人とも・・飛鷹くん、挨拶が遅れたけど久しぶり・・今日は最上さんと?」
「敦賀さん久しぶりです、番組収録でさっきの奴も一緒で・・俺が割り込めば引くかと思ったんだけど・・」

悔しそうに顔を歪めて俯く。

「いや?そんなことないよ、それより約束があるなら急がないと・・・さっきの話だと最上さんは琴南さんを誘えないんだよね?」

急に話を振られ、彼女は慌てながら答えた。

「えっ、は、はぁ・・」
「食事誘える相手なら、まだここにもいるんだけど?」

悪戯っぽく笑んだら彼女は照れくさそうに頬を染めて

「あ、あのでは敦賀さんお願いできますか?」
「喜んで・・俺はあと2時間くらいで終わるから事務所で待ってて?飛鷹君頼むね?」

「じゃあ・・」と去り際に

「はい!お待ちしてます!」
「ああ、ちゃんと送ってくから・・」

最上さんはびしっと敬礼し、彼は軽く片手を挙げた。

「・・ガキの俺ですら解るのに・・」

彼が漏らした呟きを俺が知る事はない・・・。




続く










スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

パピちゃちゃ

Author:パピちゃちゃ

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
【当ブログへのリンクについて】 二次ルールを守っておられる「ス・◯・ビ」二次作家サイト様に限り、リンクフリーです。相互リンクさせていただきたいので、お手数ですがリンクを貼られる前にご一報ください。尚、原作者様の作品画像やアニメ画像を無断掲載をされているサイト、ただ読み&無料視聴など違法な方法を紹介するサイトからのリンクはお断りいたします。 (リンクはトップページにお願いいたします)
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleメールフォームsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。