スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心のままに(前編)

またもや日にちが開いてしまいました。
最近パソコン開いても、自分の所の更新より素敵サイト様方のお話に萌え萌えしていたりします。
こんな気ままな更新ですが宜しかったらお付き合いください。今回は前後編になっております。キョーコちゃんがキレて告白的な雰囲気を書いてみたかったので・・・。


LME事務所の社長が趣味?で作ったラブミー部。その部室は建物の外れの方に位置している。
その部室で社長に出された課題に取り掛かり中の部員1号キョーコ。
険しい表情で目の前のテレビ画面を見つめ、手元のレポート用紙は真っ白なまま、力いっぱい握られたシャーペンの芯は文字を書かれる前にバキバキと折れて周りに飛び散っている。
そんな様子に業を煮やした部員2号の奏江は

「・・アンタ、さっきから全然進んでないじゃない、私もう帰るわよ」

がたりと音をたてて立ち上がり言い放つ。
キョーコはハッとして振り向き

「イヤー!!モー子さん、まだ帰らないで~」
「もー!そんなレポート1つに一体何日かけてるのよ!?今日だって午後からずっと缶詰めになってやってるのに一行も書けてないじゃないの!その間に依頼された雑用全部天宮さんと私でやってたのよ!?」
「ご、ごめん・・」

キョーコはしょんぼりと小さくなっていた。奏江の言う事はごもっともで、ラブミー部3号の天宮千織は次の仕事へ向かうついでにラブミー部へ依頼された書類を届けに出たし、奏江は暫く前に雑用を終えたがこの後仕事がなかったので、キョーコに合わせて残っていてくれたのだった。

社長に出された課題とは、以前川越みちか主演のドラマのレポートを書かされたのと同じような感想文提出だ。それは社長が選んだ映画やドラマで行われていて、その都度テーマや内容も様々だったが、今回はLME事務所の看板俳優である敦賀蓮が主演の恋愛色の濃いドラマ。千織も奏江もそれなりのものを書き上げて疾うに提出済みだ。今回はキョーコだけが手こずっていた。ドラマを観ているうちにだんだんと般若と化して、冷静に最後まで観ていられないからだ。
奏江はため息をつき

「アンタ・・何でそれが観てられないのか分かってるんでしょ?」
「!?・・・うーん、やっぱり愛の欠落者だから拒否反応示すのかな」

一瞬の動揺の後、営業仮面を付けたキョーコが答えた。

「・・・それ、本気で言ってないわよね?今までだって恋愛だの家族愛だのの何本も観たけどこれだけよ?アンタがこんなに拒否反応出てるのは・・」

誤魔化しは効かないという奏江の険しい表情にキョーコは言葉が詰まる。

「う・・それは・・・」

キョーコが言葉を紡ごうとしたときドアからノックの音。立ち上がっていた奏江が応対すべくドアを開けると、それはキョーコにとっては今会いたくない人物、今まさにテレビ画面で観ていた蓮だった。

「こんばんは」

思いがけずキョーコに逢えた嬉しさで極上の笑みを浮かべる蓮に続き

「あれー?まだ仕事してたの?2人とも」

彼のマネージャーである社も顔を覘かせた。

「いえ、今日はもう終わりなんですけど、この子が・・」

奏江はキョーコに代わり社に事情を説明している。
蓮はキョーコの傍まで来てにこやかに声をかけた。

「・・こんばんは、最上さん」
「おっお疲れ様です!敦賀さん」

キョーコは慌てて立ち上がりビシッと姿勢を正し挨拶する。いつものキョーコの固い挨拶だったが、すぐに目を逸らされた事が気になり、視線をテレビ画面に移した蓮は「そうか」と納得顔で

「最上さん、このドラマ観てたんだ・・」
「・・はい、社長にレポート提出の課題で出されたのですが・・・」

キョーコはテーブルに目を落とした。そこには白紙のままの紙が置かれていて、蓮の目から見ても進んでいない事が分かる。蓮が声をかけようとした時、奏江と話し込んでいた社が声をあげた。

「よし!蓮、今日はここで解散だ、俺はタクシーで琴南さんを乗せて帰るからお前はキョーコちゃん頼んだぞ?女の子を一人で歩かせるには遅い時間だからな、で、キョーコちゃん、悪いんだけど蓮の夕食に付き合ってやってくれるかな?キョーコちゃんと一緒のほうがいくらか食べると思うんだよね」
「ええ!?社さんちょっと・・」

急な展開に蓮が口を挟もうとしたら傍でジトッと睨む視線を感じ

「・・敦賀さん、今日ちゃんと食べてないんですか?」
「そうなんだよキョーコちゃん、俺が言っても聞かなくてさー」

蓮が言葉を発する前に社が答え「じゃ、頼むねー」と言いながら奏江を促す。
奏江はすでに帰り支度を終えてキョーコに視線を送った。

(ちゃんと向き合いなさいよ・・)

そうして微妙な空気の2人を残し社と奏江は部室を後にしたのだった。



続く






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

パピちゃちゃ

Author:パピちゃちゃ

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
【当ブログへのリンクについて】 二次ルールを守っておられる「ス・◯・ビ」二次作家サイト様に限り、リンクフリーです。相互リンクさせていただきたいので、お手数ですがリンクを貼られる前にご一報ください。尚、原作者様の作品画像やアニメ画像を無断掲載をされているサイト、ただ読み&無料視聴など違法な方法を紹介するサイトからのリンクはお断りいたします。 (リンクはトップページにお願いいたします)
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleメールフォームsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。