スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時間の問題 後編の続き

すごく短いですが、そのすぐ後の出来事を書いてみました。タイトルが時間の問題なので、すぐにくっついてもらいましたが急ぎ過ぎかも・・・(汗)


─今を逃したらもう手に入らないかもしれない─

そんな焦りが蓮を突き動かした。
着ぐるみのキョーコと並んで座っていた蓮は、上半身だけキョーコに相対する向きになりキョーコを囲うように両手をついた。
そして、ほんの一瞬だけ触れた唇。
キョーコは目を丸くして固まったままだ。

「今なら役者の法則に出来るけど・・どうする?」

蓮はキョーコを押さえつけたりはしていない。拒否するなら突き飛ばして逃げる事だって出来る。しかしキョーコは動けなかった。否、動かなかった。
今まで見ないようにしていた心の奥の奥。幾重にもバリアを張っていたのにそれが蓮の告白によってあっさりと破られる。
そして溢れ出した想いをどう告げるべきか、はたっと我に返りキョーコは瞬時に赤に染まった。

(ななな、つ、敦賀さんの顔がこんなに近くにある!って、そうかさっき・・・いやー!!恥ずかしいっっ!!)

ついさっきまで表情もなくフリーズしていたキョーコが急に顔を真っ赤にしてあたふたしている様子に蓮の頬が緩む。蓮はクスクス笑いながら

「時間切れだよ最上さん、沈黙は肯定・・」

蓮はすっと目を細めてキョーコに触れるべく顔を傾けた。
キョーコは今度はギュッと目を瞑り身体を固くしたが、蓮に与えられる口付けと肩に回された腕に安心感を覚え、自然に力が抜けていく。
そんな状況にあるとは露知らず、蓮のマネージャーの社が担当俳優を探しにやってきた。カーテンから蓮の姿(足部分)が確認でき足早にそこへたどり着くと・・・

「え?ええ!?えええ~!!!!」

(蓮が鶏を抱きしめている!そして鶏はキョーコちゃん!!そして2人は今!!!)

どこにポイントを置いて驚くべきか混乱する社に

「・・何だ、社さんですか」

人が来るのを分かっていながらキョーコを離さなかった確信犯な蓮。
キョーコはこの先こんな蓮に翻弄されるばかりなのである。



終わり
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

パピちゃちゃ

Author:パピちゃちゃ

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
【当ブログへのリンクについて】 二次ルールを守っておられる「ス・◯・ビ」二次作家サイト様に限り、リンクフリーです。相互リンクさせていただきたいので、お手数ですがリンクを貼られる前にご一報ください。尚、原作者様の作品画像やアニメ画像を無断掲載をされているサイト、ただ読み&無料視聴など違法な方法を紹介するサイトからのリンクはお断りいたします。 (リンクはトップページにお願いいたします)
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleメールフォームsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。