スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

呪縛を解くのは・・・(20)

社長に報告~な話です。



“ああ、ちょうど良かった、こちらから連絡しようと思っていたところだったのだ”
“あら…何か良い知らせなのかしら?”
“俺も今から話を聞くんだが多分な、君のお陰だよ”
“まあ、貴方ににそう言って貰えるなんて光栄だわ”
“今呼ぶからそのまま待っていてくれ”
“了解、ボス”

ローリィは受話器を手元に置くと、訪ねてすぐに今の電話の為に一度退出した2人を部屋に入れるように秘書に合図をした。

「ああ、すまんな、待たせて」

部屋に通された2人を見て片手を挙げる。そして重厚な机に見合った高級そうな椅子に斜めに腰掛けるローリィから少し離れた位置で蓮は軽く会釈をし、半歩斜め後ろにいるキョーコは深々とおじぎをした。

「いえ、こちらもこんな時間にお邪魔して申し訳ありません」
「いんや、ヒール兄弟終了したらすぐ報告に来いって言ってあったからな。その様子ならカインヒールとしてBJ役を全う出来たって事でいいんだよな?」

ローリィは顎に手を当てながら視線を蓮からキョーコに移し

「最上君もご苦労だった。セツは君にとって未知の役柄だったろう、蓮のサポートしながら良くやってくれた」
「いえそんな、最初は役の掘り下げが浅いと痛感して・・でも実生活でセツを演じる事はとても勉強になりました。敦賀さんの演技も間近で見ることが出来ましたし・・・このような機会を与えて下さって有難うございます!」

キョーコははにかみながらでも綺麗なおじぎで礼を述べる。それをさも愛おしそうに見つめる蓮。ローリィは少し呆れ顔で

「おい、蓮その顔ダダ漏れだぞ。報告事項はまだあんだろーが」

蓮は緩んだ顔を見られバツが悪そうな表情を浮かべたが、半歩下がっているキョーコの肩をグイっと引き寄せ

「社長、俺は最上さんとお付き合いさせて頂く事になりました」

ローリィはニヤリと笑い

「…だ、そうだぞ、ジュリエナ」

手元に置いてある電話の子機に向かって話しかけた。

「!!!!」
「社長!?」

蓮は声を発する事も出来ず固まり、キョーコはびっくりして声をあげ言葉を続けた。

「…ジュリエナさんとお電話していたのですか!?」

ローリィは二言三言通話中の相手とやり取りし、子機をキョーコに差し出した。

「ジュリエナが君と話したいそうだ」
「わ、私ですか!?」

前に結果報告の約束はしていたが展開が急すぎてキョーコはパニック寸前だった。だが、隣にいる蓮が複雑そうな笑みを浮かべながらも電話に出るように促したので、キョーコは少し躊躇いがちに子機へと手を伸ばす。
電話の向こうでは何かはしゃいでいるような声がして耳元に当てなくても内容は聞き取れないが漏れてきている。
キョーコは深呼吸をして電話の向こうにいる自分を娘と慕ってくれる母へと声を掛けた。

“…はい、お待たせしましたキョーコです”
“キョーコ!!!今の話本当なのね!?”

興奮状態であろうジュリエナの高い声が耳に響く。

“は、はい、敦賀さんと…”
“やったわ!!これで名実共に私の娘になるのね!嬉しいわ”
“え?”

キョーコの英会話は普通に日常的な会話をするのに不自由しないが、今のジュリエナの言葉の意味がよく分からず首を傾げた。

“すぐに結婚って訳にはいかないかしら…でもそんなに先の話でもないわよね、楽しみだわ~”

ジュリエナの方ではどんどん話が進み、式やドレスや果ては孫の話まで飛び出していてキョーコはついていけなくなっていた。

“あのあの、ジュリエナさんっ”

キョーコはオロオロしながらジュリエナの話に入り込もうとしている。

(そもそも敦賀さんと付き合うと何で娘になるの!?いえ、娘のように思ってもらえるなんて夢のようだけれどもっっ)

傍で様子を窺うローリィも蓮も、ジュリエナが何を言っているのか聞こえはしないが予想は出来た。そして目の前の少女の混乱ぶり。ローリィは意地悪そうに笑み

「何だ蓮、俺に伺いを立てなくても先に最上君に話してもいいんだぞ」
「…はい」

キョーコは電話でいっぱいいっぱいだったが、雇い主である社長から自分の名前が出たのでそちらへ注意を向けた。

「お前がクー夫妻の息子だってな」
「!!!???」

ヒール兄弟を無事演じきった安堵感、その後の蓮との事、そして最後に落とされた最終兵器はキョーコの心の容量を遥かに超え、それは絶叫となって溢れかえったのであった。



続く
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

パピちゃちゃ

Author:パピちゃちゃ

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
【当ブログへのリンクについて】 二次ルールを守っておられる「ス・◯・ビ」二次作家サイト様に限り、リンクフリーです。相互リンクさせていただきたいので、お手数ですがリンクを貼られる前にご一報ください。尚、原作者様の作品画像やアニメ画像を無断掲載をされているサイト、ただ読み&無料視聴など違法な方法を紹介するサイトからのリンクはお断りいたします。 (リンクはトップページにお願いいたします)
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleメールフォームsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。