スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

頑張れ飛鷹君

前に社×奏江を書きましたが、飛鷹と奏江というのも考えてみました。
でも基本蓮キョなので、尚キョは考えた事ありません。
奏江はよそ見をしていたわけではなかった。しかし、ドラマの収録現場のセット裏などには足元に機材やケーブル線等があったりして、気をつけて歩いていても躓く事はあるのだ。奏江もうっかりそれを踏んづけてしまいよろめいたのも仕方がない事かもしれない。

「キャ…!」

後ろにひっくり返る!と思った瞬間、背後から奏江の腕と身体を支えられた。

「…あっぶねーなー、気をつけろよ、奏江」
「ご、ごめんなさい飛鷹君助かったわ」
「怪我…してないよな」
「ええ、ありがとう」

飛鷹に支えてもらいながら体勢を整えた奏江だったが、飛鷹を見て違和感を感じた。そしてすぐに思い当たり

「飛鷹君、また背が伸びた?」
「おう、この半年で5センチ伸びたぜ!」

奏江に気がついてもらえた事が嬉しかったようで、飛鷹は屈託ない笑みを浮かべて答えた。
奏江は、飛鷹と一緒のドラマに出演するようになって3年以上経つ。年に1,2回放映しているシリーズ化したドラマなので時々飛鷹とは一緒になるのだが、その成長ぶりには毎回驚いている。出会ったころは年齢より下に見られる事を嫌がっていたのが嘘のようで、今では奏江とほぼ同じ目線になっている。

「それに…何かたくましくなった感じね、体つきとか」
「ああ、成長期だからな、身長もまだまだ伸びる予定だ」

飛鷹はこの春高校生になる。以前は実年齢よりも下の年の役柄が多かったが、ここ数年の成長で年相応の役をやるようになっていた。そして出会ったころから奏江に想いをよせている飛鷹としては嬉しい成長なのだ。早く大人の男として奏江と対等になりたいと思っている。

「そういえば、今度の連ドラ奏江にもオファー来てただろ、やるのか?」
「ええ、学園物よね、保健医だけど教師役なんて初めてだから楽しみなのよね。飛鷹君も生徒役で出るでしょう?また一緒になるけどよろしくね」

飛鷹は少し複雑そうな顔をして

「ああ、俺は不良グループの中の一人だけど…男子校なんだよな、設定が…」
「…?それがどうかした?」

奏江は言わんとしてる事の意味がわからずきょとんとしている。

「おっまえなあ、奏江の事狙ってる奴多いんだぞ!気をつけろよな」
「ええ!?だってこのドラマ、割と新人の子が多いわよね?私だって飛鷹君に比べたらまだまだだけど、新人の子たちに呑まれたりしないわよ」

ラブミー部員たちは恋愛事に鈍いが奏江もそうである。飛鷹も奏江のそういう面はわかっていたし、自分よりずっと年上の大人の男に奪われるならともかく、今回自分と同世代の男たちとの共演でそいつらに先を越されてたまるかという焦りが出てくるのも仕方がないのかもしれない。

「ちげーよ!」

飛鷹は奏江の腕を掴んで、ぶっきらぼうな言葉を発した唇をそっと奏江の頬にかすめた。

「……他の奴らにこんなことさせんな!ってこと!!」

突然の事に固まっている奏江に真っ赤になっている飛鷹。掴んだ腕も離せずにいると、遠くでスタッフがリハーサル始めると声がしたので、

「行くぞ!奏江!」

耳まで赤くなりながら、その腕を引っ張り歩き出した。

「…はい!…」

奏江も我に返り小さく頷いて、少し照れ笑いしながら歩調を合わせてついて行った。



終り
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

パピちゃちゃ

Author:パピちゃちゃ

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
【当ブログへのリンクについて】 二次ルールを守っておられる「ス・◯・ビ」二次作家サイト様に限り、リンクフリーです。相互リンクさせていただきたいので、お手数ですがリンクを貼られる前にご一報ください。尚、原作者様の作品画像やアニメ画像を無断掲載をされているサイト、ただ読み&無料視聴など違法な方法を紹介するサイトからのリンクはお断りいたします。 (リンクはトップページにお願いいたします)
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleメールフォームsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。